読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灘校鉄道研究部公式ブログ

灘中学校・灘高等学校鉄道研究部公式です。ご質問などはコメントにお書きいただくか、nrcofficial@gmail.comまでメールをお願いします。

「京阪ホーム酒場」レポ

 京阪電鉄中之島線:中之島駅にて、12/14()12/17()という日程で開催されていた「京阪ホーム酒場」。その様子を視察してきましたので、寄稿しようと思います。

 

 そもそもこの企画、今年の6月に開催された同名の企画が約7000名の動員を記録し、大変好評であったため、2度目の開催が決まったというもの。前回の同企画に関するプレスリリースを見てみると、

 

 ”中之島エリアの活性化や魅力発信を目的として、平成28年6月22日(水)~25日(土)まで、中之島駅に停車した電車とホームを会場に、レトロ感あふれる立ち飲みスタンド等の飲食店を並べた「中之島駅ホーム酒場」を開催します。”

 ”通常は営業運転に使用している2200系車両や中之島駅3番線ホームを、「ノスタルジー」をテーマに、立ち飲み・テーブル席・ちゃぶ台・囲炉裏席・野点席など変化に富んだ空間に変身させ、お好みの空間で飲食を楽しんでいただけます。”

  

とあります。この企画の協力会社の一つであるサントリー株式会社や京都伏見に店を構える中畝酒店など、計9業者が参加しました。元々、中之島駅3番ホームは主に臨時列車などが使用する予備ホームという扱いで、今回はそれが有効活用された形となっています。地方私鉄では、お酒を提供するイベント列車が運行されている事例が多々あるものの、「大手私鉄である京阪電鉄が、オフィス街のど真ん中に位置する中之島駅で、ホームを丸々使用して酒場を開く」という同企画は、他社と一線を画すとても面白い取り組みと言えるでしょう。

 

 そして今回のホーム酒場なのですが、業者数こそ8社と減少したものの、協賛会社に大手酒メーカーのアサヒビールが加わったことが特筆されます。出店店舗も約半数が入れ替わっており、業者数の減少に関してはそこまで深い意味は無いようです。また使用車種は前回の2200系から5000(5556F)に変更されています。プレスの中で‘今回は、座席昇降で有名な5000系車両が中之島駅3番線でお出迎え。’という表現がされているので、もはや車両までも集客の種にしようという電鉄側のオタク精神溢れた()策略が伺えます。

 

  (これより先は、筆者が12/16に現地で視察したことを基にしたレポートとなります。)

 

 まず使用する5000系車両ですが、17:00開場となる平日(12/1412/16)は、14時台に寝屋川車庫を出庫し中之島駅へと送り込まれました。14:00開場だった12/17に関しては未調査です。

f:id:nrcofficial:20161218231207j:plain

 (↑1440頃 森小路駅にて)

 

中之島駅に到着すると早速目に付く貼り紙が。

f:id:nrcofficial:20161218231321j:plain

階段を上がりコンコースに出ると、今度は立て看板が鎮座。

 

f:id:nrcofficial:20161218231400j:plain

 説明の通り、改札外に特設ゲートを設け、直接3番ホームには入れないようになっていました(前回も同様)f:id:nrcofficial:20161218231511j:plain

 会場へと通じる特設ゲート近辺は、このようにバルーンの装飾がなされていました。

f:id:nrcofficial:20161218231627j:plain

 ゲート横の看板。入場料は前回、今回とも1000円です。下には「場内禁煙」「騒ぎ過ぎないように」「未成年のみでの入場の禁止」などの注意書きも。筆者はもちろん未成年ですので、内部に入っての調査は出来ませんでした。

f:id:nrcofficial:20161218231634j:plain

 ゲート近辺には京阪グッズの直売コーナーが。酒を呑んでいい気分のオジサマに気前よく買ってもらおう、ということでしょうか…?

f:id:nrcofficial:20161218231746j:plain

f:id:nrcofficial:20161218231748j:plain

 肝心の車両はこのように留置されていました。ホーム酒場の副標、前回は回送時から装着していたのですが、今回は中之島駅到着後に装着という形になったようです。

f:id:nrcofficial:20161218231853j:plain

 17:00の開場後、すぐに賑わい始めました。売り子の方々も大忙しです。ちなみに、1,2番ホームでも5000系を撮影する人(筆者もその中の1)で賑わっており、あらゆる意味でこのホーム酒場に対する関心の高さが伺えました。

 

 2度目の開催となった「京阪ホーム酒場」。ユニークなこの試みは、多人数の集客という形で実を結んでいるように感じられました。京阪電鉄はこの取り組みの他にも、数多くの楽しいイベントを実施しています。是非参加してみてはいかがでしょうか。

 

〈参考〉

京阪電鉄HPニュースリリースより

https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2016-05-24_nakanoshimaeki-home-sakaba.pdf

https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2016-11-24_nakanoshimaeki-home-sakaba.pdf

 

執筆:No.7203

校正:編集長(No.7005)