読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灘校鉄道研究部公式ブログ

灘中学校・灘高等学校鉄道研究部公式です。ご質問などはコメントにお書きいただくか、nrcofficial@gmail.comまでメールをお願いします。

運賃と輸送形態から鉄道を読み解く(起稿班研究第二号・その3)

今回も引き続き都市間の運賃について述べさせていただきます。今回は関西地区をとりあげます。

 

(2.特定の都市間の運賃の続き)

 β:関西地区

 ①京阪神

  A)京都~大阪

JR西日本  京都~大阪   560円

阪急電鉄  河原町~梅田  400円

京阪電鉄 祇園四条淀屋橋 410円

 

  B)大阪~神戸

  JR西日本 大阪~三ノ宮  410円

         大阪~神戸  410円

  阪急電鉄 梅田~神戸三宮 320円

       梅田~高速神戸 450円

  阪神電鉄 梅田~神戸三宮 320円

            梅田~高速神戸 450円

  C)京都~神戸

  JR西日本  京都~三ノ宮   1080円

         京都~神戸   1080円

  阪急電鉄 河原町~神戸三宮 620円

       河原町高速神戸 750円

 関西はJRと私鉄の競争が激しいと言われることもしばしばありますが、その象徴とも呼べるのが京阪神間ではないでしょうか。今回は運賃面しか触れませんが、それ一つとってもJRも私鉄もかなり安く設定されています。A)についてはそれぞれの終起点がばらばらですが、基本的にその会社の京都・大阪での中心駅を挙げたつもりです。この区間ではJRは私鉄の1.3~1.4倍になっているという情勢です。B)では神戸よりの中心駅を三宮と神戸の二つを挙げました。阪神・阪急は高速神戸に行こうとすると神戸高速線でかなりお金がかかるのが弱みかもしれません。逆にJRは六甲道から神戸までずっと同運賃なのがある意味利点といえるでしょう。ただC)でわかる通り、京都から神戸になればJRが長距離で他社以上に運賃が上がる傾向を持つこともあって阪急との値段の差は歴然としております。

 

 ②大阪から和歌山・奈良方面

  A)大阪~関西空港・和歌山

  JR西日本 JR難波~関西空港 1060円

       JR難波~和歌山  1080円 

        JR難波~和歌山市 1140円

 南海電鉄 なんば~関西空港  920円

       なんば~和歌山市  920円

 

B)大阪~奈良・大和高田・桜井

JR西日本   JR難波~奈良(*3) 560円

       JR難波~高田   670円

       JR難波~桜井   840円

近畿日本鉄道 大阪難波近鉄奈良 560円

      大阪難波~大和高田 490円

      大阪難波~桜井   690円

*3:JR奈良駅近鉄奈良駅は乗り換え駅ではありません(徒歩約15分)

*4:JR高田駅近鉄大和高田駅は乗り換え駅ではありません(徒歩約8分)

 

 大阪~和歌山間の輸送の大阪側の拠点は実質天王寺駅ですが運賃比較のためJR側の起点は難波としております。有料特急の項で詳しく述べますがこの区間も有料特急が数多く走っております。関西空港へは関西空港線の加算運賃が響いてどちらも和歌山までと同じくらいの値段になってはおりますが、距離的に南海が安くなっています。ちなみにこの加算運賃は両社の関西空港線の建設を関西空港が担ったことが原因で発生しています。和歌山市内の中心地はJR和歌山駅と南海和歌山市駅の二つを設定いたしました。

 大阪~奈良(郡山)間の輸送はJRも近鉄も同額ですが、これでは述べていませんが香芝、さらには大和高田や桜井へとなると距離の違いなどからJRが近鉄よりも1.2~1.4倍高くなっています。

 

今回はここまでです。お読みいただきありがとうございました。次回は中京地区について研究させていただきます。

 

執筆者:No.7210

校正:副編集長(No.7005)