読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灘校鉄道研究部公式ブログ

灘中学校・灘高等学校鉄道研究部公式です。ご質問などはコメントにお書きいただくか、nrcofficial@gmail.comまでメールをお願いします。

南海7000系(車両研究紹介・南海その1)

7000系は1963(昭和38)年から1968(昭和43)年にかけて、帝国車輛・東急車輛・近畿車輛で製造された車両です。6000系と同じく片開き扉の20m級4扉車で窓は2段上昇窓、制御方式も超多段式バーニア制御で前面の形も同じですが、6000系はオールステンレスなのに対し…

225系100番台がデビュー!

7月7日についにデビューした225系100番台。写真で比較しながら他の車両との変更点や共通点をお伝えします。

JR西日本長距離列車に関する考察Ⅲ【兵庫県北】(起稿班研究第五号・その3)

前々回・前回はこちらです↓ nrcofficial.hatenablog.jp nrcofficial.hatenablog.jp ⒊兵庫県北 ①「こうのとり」 「こうのとり」は、新大坂~福知山・豊岡・城崎温泉を走る特急です。この電車は大阪から福知山・豊岡・城崎温泉へ向かう観光客向けのもので、カ…

地方鉄道の知恵<番外編>【津軽鉄道とDMV】(起稿班研究第三号・その9)

津軽鉄道のDMV計画は見込みのあるものだったか。実現が不可能となった今、展望ある計画をストップさせたことでJR北海道を追及するのはなしにして、開発が完了し導入できるような態勢が整ったらどう地方交通が変わるか。用途として一つに空港、新幹線駅へのア…

JR西日本長距離列車に関する考察Ⅱ【関空アクセスと南紀地方】(起稿班研究第五号・その2)

前回(北陸地方編)はこちらです↓ nrcofficial.hatenablog.jp ⒉関空アクセスと南紀地方 ①関空アクセス JRの関空アクセス電車は、米原・京都から梅田貨物線を経て関西空港に至る特急「はるか」 と、大阪環状線から関西空港に走る「関空快速」があります。「はる…

地方鉄道の知恵<第4回・後編>(起稿班研究第三号・その8)

前半はこちら↓ nrcofficial.hatenablog.jp 5.イベント列車の「大小」の折り合い 前半では「ストーブ列車」の必ずしも明るくはない未来について述べたが、この後半では「ストーブ列車」以外の「風鈴列車」「鈴虫列車」についての考察を行う。 津軽鉄道は「風…

地方鉄道の知恵<第4回・前編>(起稿班研究第三号・その7)

前回は三毛猫「たま」で有名な和歌山電鐵を扱ったが、今回は「ストーブ列車」などで有名な津軽鉄道を取り扱う。

JR西日本長距離列車に関する考察Ⅰ【北陸地方】(起稿班研究第五号・その1)

JR西日本の長距離列車について、特急電車を中心に、これからどうなっていくのか、どうなるべきなのか、「北陸」「関空アクセスと紀伊地方」「兵庫県北」の3回に分けて考察します。今回は北陸編です。

地方鉄道の知恵<第3回・後編>(起稿班研究第三号・その6)

今回からしばらくは全国各地の地方鉄道それぞれの主力としている施策について考察していきたい。第3回は和歌山電鐵貴志川線をテーマに、かの有名な猫駅長「たま」について見ていく。

地方鉄道の知恵<第3回・前編>(起稿班研究第三号・その5)

第2回では様々な施策を行うことで客を集めるひたちなか海浜鉄道を取り上げたが、今回からしばらくは全国各地の地方鉄道それぞれの主力としている施策について考察していきたい。第3回は和歌山電鐵貴志川線をテーマに、かの有名な猫駅長「たま」について見て…

地方鉄道の知恵<第2回・後編>(起稿班研究第三号・その4)

全国各地に多くの地方鉄道が分布しており、経営に苦しんでいるところは少なくない。しかし、地方鉄道の中には地元自治体と協力し、客離れなどの対策を施すことで好調を維持している鉄道もある。今回はひたちなか市で営業されている「ひたちなか海浜鉄道」に…

地方鉄道の知恵<第2回・前編>(起稿班研究第三号・その3)

全国各地には多くの地方鉄道が分布しており、その中には経営に苦しんでいるところが少なくない。しかし、地方鉄道の中には地元自治体と協力し、客離れなどへの対策を施すことで好調を維持している鉄道もある。今回はひたちなか市で営業されている「ひたちな…

5/28 信号トラブル発生中の学研都市線のレポート

5月28日に四条畷駅で発生した信号トラブルにより、この日の学研都市線のダイヤは大幅に乱れました。この記事では、その日に運転された珍しい行き先の列車の写真などを通して状況を振り返ります。

山陽6000系細評②(車両研究紹介・その2)

4月27日にデビューしたばかりの新型車両山陽6000系についての記事です。 今回は座席や網棚・空調機器を中心に紹介しています。

山陽6000系細評(車両研究紹介・その1)

4月27日にデビューしたばかりの新型車両山陽6000系についての記事です。 今回は車体概要や扉開閉の個別扱いなどについてとなっています。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 阪急神戸線⑤<比較編> (特集第一号・番外編その12 <最終>)

阪急神戸線ダイヤ改正による実際の変化を調査し、簡単にまとめて見ました。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 追加編(特集第一号・番外編その11)

今まで本編では触れてこなかった会社(神戸新交通・福井鉄道・えちぜん鉄道・東急・東武・西武)のダイヤ改正の内容をまとめてお伝えしています。

最後の定期寝台急行列車「はまなす」のラストラン

ついに最後の定期寝台急行列車「はまなす」がラストランを迎えました。部長が青森駅に出向いて最後のはまなすの出発を取材したツイートをまとめてご紹介しています。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 青春18きっぷによる津軽海峡間の連絡(特集第一号・番外編その10)

北海道新幹線開業に伴い、青春18きっぷ等での津軽海峡間の移動に関しては大幅に変わることになります。今回は発売された時刻表をもとに、改めて青春18きっぷを利用した津軽海峡間の乗り継ぎパターンについて考察していきます。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 阪神・山陽⑤<詳細分析編4> (特集第一号・番外編その9)

2016年春ダイヤ改正詳細分析編の続きですが、今回は阪神本線下りの始発~朝ラッシュ時間帯序盤 を順番にお伝えします。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 阪神・山陽④<詳細分析編3> (特集第一号・番外編その8)

詳細分析編の続きですが、今回は阪神本線上りの昼間パターンダイヤからを順番にお伝えします。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 阪神・山陽③<詳細分析編2> (特集第一号・番外編その7)

詳細分析編の続きですが、今回は阪神本線の朝ラッシュ中盤から昼間パターンダイヤまでを順番にお伝えします。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 阪神・山陽②<詳細分析編1> (特集第一号・番外編その6)

今回は阪神電車のダイヤ改正についてです。阪神電車ダイヤ改正に関しては特集第一号その14でも述べましたが、今回から詳細分析編として各列車から運用に至るまでを掲載します。今回は上りの始発から朝ラッシュ序盤までです。

山陽電鉄新型車両6000系が乗り入れ先の阪神梅田・阪急三宮まで試運転

2000年製造の5030系二次車以来16年ぶりとなる山陽電鉄の新型車両6000系が、3/6に神戸高速線を経由して乗り入れ先である阪神本線梅田駅、阪急三宮駅まで試運転を行いました。 今回の試運転は検測機器を積んだ状態で行われており、乗り入れ先での車両性能試運…

阪神9000系9203Fがシングルアームパンタグラフに

阪神電車のダイヤ改正に関する記事を準備していますが、ダイヤ変更の全容を掴むのに時間がかかっている為、今回は阪神電車の車両に関する記事とします。 現在、尼崎車庫にて検査が行われている9203Fですが、2/23に神戸側ユニットが、一昨日には大阪側ユニッ…

<特集> 2016年春ダイヤ改正 阪急神戸線④<詳細分析編3> (特集第一号・番外編その5)

今回は、阪急神戸線ダイヤ改正・詳細分析編の最後となる3回目として、他のところではそこまで取り上げられていないように見える夕ラッシュ時の改正内容について詳しく見てみたいと思います。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 阪急神戸線③<詳細分析編2> (特集第一号・番外編その4)

今回の記事では阪急線のダイヤ改正の変更点うち、平日朝ラッシュ時の変更点の一部と、平日夜間・土休日朝の変更点について説明しています。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 阪急神戸線②<詳細分析編1> (特集第一号・番外編その3)

今回からは、前2回の京阪に続いて、阪急神戸線のダイヤ改正について詳しくお伝えしていきます。今回は朝ラッシュ時の運行形態を見ていきます。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 京阪②<詳細分析編1> (特集第一号・番外編その1)

今回からは先日完結しました特集記事第一号記事の番外編を不定期でお届けしていきます。今回と次回は京阪線のダイヤ改正の詳細について、発表された各駅の時刻表をもとに考えていきます。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 京阪③<詳細分析編2> (特集第一号・番外編その2)

前回に引き続いて京阪線のダイヤ改正内容をとりあげます。夜間時間帯のダイヤパターン変更などをとりあげています。

運賃と輸送形態から鉄道を読み解く(起稿班研究第二号・その8)

今回でこの連載は最後となります。今回は締めくくりとしてまとめをさせていただきます。 4.まとめ ①各社の傾向 第1号でも少し述べましたが、もう少し深く考察してみます。まずは以下の図をご覧ください。 この図を基に下の方から補足をさせていただきます。…

阪神7861・7961形(車両研究紹介・その1)

阪神電鉄7861・7961形の車両研究紹介ページです。1966年の登場から現在に至るまでの動きを掲載しています。

運賃と輸送形態から鉄道を読み解く(起稿班研究第二号・その7)

今回も特急料金についての詳細について書かせていただきます。 (3.特急料金の続き)⑥名古屋鉄道 運転系統はこの図の通りです(Wikipediaより引用)。 この図からは分かりにくいかもしれませんが、基本的に岐阜・鵜沼方面~名鉄名古屋~知多(中部国際空港含む)・…

運賃と輸送形態から鉄道を読み解く(起稿班研究第二号・その6)

今回は、前回のべた特急料金の詳細とその体系について書かせていただきます。 (3.特急料金の続き) ①-1東武鉄道(伊勢崎線・日光線系統) 主に東京近郊(浅草・北千住・春日部)と赤城(りょうもう)・鬼怒川温泉(きぬ)・日光(けごん)・宇都宮(しもつけ)の各方面へ…

運賃と輸送形態から鉄道を読み解く(起稿班研究第二号・その5)

今回は前回の続きの九州地方(1項目だけですが)、そして有料特急について書かせていただきます。 δ:九州地区①福岡から大牟田方面 A)福岡~二日市・久留米・大牟田 JR九州 博多~二日市(*4) 280円 博多~久留米(*5) 740円 博多~大牟田 1290円西日本鉄道 西鉄福…

運賃と輸送形態から鉄道を読み解く(起稿班研究第二号・その4)

今回も引き続き都市間の運賃について述べさせていただきます。今回は中京地区をとりあげます。 (2.特定の都市間の運賃の続き) γ:中京地区 ①名古屋から知多・三河方面 A)名古屋~豊橋・豊川 JR東海 名古屋~豊橋 1320円 名古屋~豊川 1490円 名古屋鉄道名鉄…

組織紹介(てっけん。第1回)

灘校鉄道研究部は(2016/02/19現在)部員が34人、内訳は高二5人・高一6人・中三7人・中二12人・中一4人の中高合同のクラブです。 予算は年間50万円程、部費の徴収などでおよそ80万円での運営をしています。 鉄道研究部内では明確に組織・役職を定めることで円…

<特集> 2016年春ダイヤ改正 東海②(特集第一号・その28)

いよいよ今回の連載も最終回となりました。東海エリアの残りの改正内容を取り上げます。 【東海エリア在来線:続き】 ③東海道線朝時間帯の増発 東海道線では、岡崎~大府間で普通列車が増発されます。詳しく言えば、豊橋6:45発の普通の安城以降の発車時刻が早…

<特集> 2016年春ダイヤ改正 東海①(特集第一号・その27)

今回と次回は東海エリアの改正内容をとりあげます。JR東海のほか、愛知環状鉄道にも触れます。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 信越(特集第一号・その26)

今回はJR東日本の中でまだとりあげていなかった信越地区、すなわち新潟地区・長野地区についてとりあげています。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 北陸②[三セク編](特集第一号・その25)

前回は北陸地方のJRについての変更をとりあげましたが、今回は北陸地方の第三セクター鉄道各社の改正内容をとりあげます。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 北陸①[JR編](特集第一号・その24)

今回はJR西日本北陸地区の改正内容です。JR西日本関連の改正内容は今回で終了で、次回の北陸②では北陸地方の第三セクター鉄道に焦点をあてる予定です。

京阪5000系 45周年記念ヘッドマーク掲出中!

1970年に川崎重工より第1編成がデビューした京阪5000系は、2015年に45周年を迎えました。京阪5000系は、1960年代に京阪本線の利用客が著しく増加する中で、架線電圧600Vという低電圧や駅施設の8両編成対応化の遅れ、複々線区間の短さ(当時は天満橋~守口市の…

<特集> 2016年春ダイヤ改正 北近畿・山陰(特集第一号・その23)

今回は北近畿・山陰編として、JR西日本福知山支社・米子支社関連の改正内容をとりあげるほか、京都丹後鉄道のダイヤ改正にも触れます。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 山陽地方②(特集第一号・その22)

ダイヤ改正の特集記事もいよいよ終盤にさしかかりましたが、今回はこの改正で土休日を中心に多くの変更がある広島地区の続きとなります。シティライナーについては前回述べましたが、それ以外にも多くの変更がありますので、詳しくまとめていきます。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 山陽地方①(特集第一号・その21)

今回からは中国地方関連の変更内容をとりあげていきます。今回は岡山支社の改正内容と、広島地区の快速シティライナーについてです。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 和歌山(特集第一号・その20)

今回からは再びJR西日本の改正内容をとりあげていきます。今回は和歌山エリアの改正内容です。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 東北(特集第一号・その19)

今回の記事では東北地方の改正内容をとりあげています。JR東日本の各支社やIGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道からの発表内容をまとめています。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 首都圏②[JR編] (特集第一号・その18)

2月に入りましたが、ダイヤ改正記事はまだもうしばらく続きます。前回は首都圏私鉄の改正内容でしたが、今回は首都圏のJRの改正内容をまとめてお伝えします。

<特集> 2016年春ダイヤ改正 首都圏①[私鉄編] (特集第一号・その17)

前回までは関西私鉄の改正内容をお伝えしましたが、今回は小田急線を中心に、首都圏の私鉄の改正内容をとりあげます。